" /> やすともと上沼恵美子の関係とは?家族や師匠など芸歴から調べてみた! | あれやこれや・みさいと
PR

やすともと上沼恵美子の関係とは?家族や師匠など芸歴から調べてみた!

やすともと上沼恵美子の関係とは?家族や師匠など芸歴から調べてみた! エンタメ

芸歴が師匠クラスの『上沼恵美子』さんと、”やすとも”こと『海原やすよ・ともこ』さん。

関西を中心に支持されてる二組には、何か共通する関係があるのでしょうか?

気になったので、やすともさんの家族や師匠から上沼恵美子さんとの関係を調査!

芸歴を重ねてベテランとなった、やすともさんの意外な家族もわかりましたのでご覧下さい。

 

やすともと上沼恵美子はどんな関係?

関西を代表する女流芸人『上沼恵美子』さんと、漫才コンビの『海原やすよ・ともこ』さん。

どちらも自身の冠番組を持っていて、主婦層を中心に高い人気を誇る二組ですよね。

M-1GPの審査員を辞める上沼恵美子さんの、あとを継ぐのが海原やすよともこさんという噂が出るほど。

追伸:なんと2023年より、姉の海原ともこさんがM-1GPの審査員に決定!

そんなトップを走る女流芸人の二組ですが、全国的にはあまり知られてない関係性が!?

その関係性とは、上沼恵美子さんの師匠が大きく関わっていました!

上沼恵美子の師匠は?

のど自慢大会に子供の頃から出場してた上沼恵美子さんは、歌手になるのが夢でした。

しかし演芸好きだった父親の影響もあり、姉の『芦川百々子』さんと漫才コンビを組むことに。

そうして1971年に、姉妹の漫才コンビ『海原千里・万里』さんが誕生しました。

そんな海原千里・万里さんの師匠が、1933年から活躍してた『海原お浜・小浜』さんです。

関西を中心に活躍されてた海原お浜・小浜さんは、『上方漫才大賞』の大賞を2度受賞する実力派。

しかし海原お浜さんが白内障を患い、1976年にコンビ解消し海原小浜さんはピンで活動を続けてました。

そんな海原小浜さんの孫にあたるのが、海原やすよ・ともこさんなんです。

上沼恵美子さんからすると師匠の孫娘、海原やすよ・ともこさんから見れば祖母の弟子という関係。

ちなみに海原小浜さんは、2015年12月24日に92歳で惜しまれつつ亡くなっております。

では祖母が女流漫才師だった海原やすよ・ともこさんも、師匠についていたのでしょうか?

 

やすともの師匠は?

幼少期から漫才に触れてきた海原やすよ・ともこさん、小学生の頃から舞台で漫才をされてました。

当時は芸能事務所社長に稽古を受けてたが、妹のやすよさんが大ファンだった方の弟子になることに。

それが『中田カウス・ボタン』さんの、ツッコミ担当『中田ボタン』さんです。

祖母の海原小浜さんが2人の孫娘を連れ、中田ボタンさんに「この子ら預かったってー」と言ったとか。

中田ボタンさんだったら1番きちんと、しつけをしてくれると信頼して頼まれたそうです。

縁があって海原やすよ・ともこさんは、尊敬する漫才師の中田ボタンさんの弟子になりました。

ここで師匠の屋号は”中田”なのに、どうして”海原”を名乗ってるか気になりませんか?

実は心優しい中田ボタン師匠が「せっかく女流漫才師だし”海原”にしたら?」と、声掛けしてくれたそうです。

祖母とも相談した結果、女流漫才師の代表的な屋号の”海原”を名乗ることに!

中田ボタン師匠の粋な計らいが、めっちゃ格好いい話ですね。

そんな恵まれた環境に育った海原やすよ・ともこさん、実は有名なのは祖母だけじゃないんです。

 

やすともの家族も有名人だった?

祖母の海原小浜さんの夫は浪曲師の『石川玉若』さんで、祖父も演芸と関係ある方でした。

そして芸人夫婦だった祖父母の長男が、海原やすよ・ともこさんの父親となります。

その父親も『海原かける・めぐる』というコンビ名で、吉本新喜劇の『池乃めだか』さんと漫才をされてました。

海原やすよ・ともこさんは代々続く、演芸と深い関係がある家系に育ったんですね。

まだ家族の中には、有名な方がいらっしゃるので一覧にまとめてみました。

  • 祖母:海原小浜(漫才師)
  • 祖父:石川玉若(浪曲師)
  • 父親:海原かける(漫才師)
  • 母親:ワンダーのり子(マジシャン)
  • 母方の祖母:ワンダー天勝(マジシャン)
  • ともこの夫:前田耕陽(元・男闘呼組)
  • やすよの夫:宮本大輔(元・オリックスバファローズ投手)

父方の家系だけじゃなく、母方もマジシャンとして演芸に関わっていたサラブレッド。

そして姉のともこさんが結婚した相手が、元ジャニーズの『前田耕陽』さん。

妹のやすよさんの夫は、プロ野球オリックスバファローズの元投手『宮本大輔』さんです。

ほとんどの家族が有名人なんて、スゴく華やかですよね。

そんなサラブレッド家系に育った姉妹は、実力もスゴかったんです。

 

やすともの芸歴プロフィール

海原やすよ・ともこさんは、小学生から舞台に立ち漫才をされてました。

アマチュアだった子供時代から、姉妹で漫才をされてたので芸歴も長い2人。

プロとしてデビューしてから、数多くの賞を受賞されてます。

  • 1985年にテレビ番組で祖母の海原小浜の前で漫才を披露
  • 1992年2月に中田ボタン師匠に弟子入り
  • 1994年に今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 香川登枝緒賞を受賞
  • 1995年にABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞、NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞、上方漫才大賞 新人奨励賞を受賞
  • 1997年に上方漫才大賞 新人賞を受賞
  • 2005年に上方お笑い大賞 最優秀技能賞を受賞
  • 2008年に上方漫才大賞 奨励賞を受賞
  • 2012年に上方漫才大賞 上方漫才大賞を受賞
  • 2017年に上方漫才大賞 上方漫才大賞を受賞

漫才師なら誰もが憧れる『上方漫才大賞』を、なんと親子3代で受賞されてました。

また海原やすよ・ともこさんは、2020年3月1日から『なんばグランド花月』の看板に就任!

大トリを任されるなんて、実力ある漫才師の証ですね。

 

まとめ

”やすとも”さんと上沼恵美子さんの関係を、師匠や家族また芸歴などから調査してきました。

上沼恵美子さんとの関係性は、師匠が”やすとも”さんの家族だったということが解りましたね。

どちらも芸歴を積み重ねていく毎に、これからも多くの笑いを届けてくれるでしょう。

>>海原ともこさんと前田耕陽さん夫婦の記事はこちら!

エンタメ
スポンサーリンク
mis-leeをフォローする
あれやこれや・みさいと

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました